ご注文・お問合せのお電話は… 042-335-5292


自家焙煎珈琲工房・南方郵便機の店長

店舗紹介
当店は新宿から京王線で特急電車で約20分乗ったところ、緑豊かなで歴史のある町である東京都府中市にあります。 府中駅の北口から徒歩6分くらいのところにある桜とおりに面しています。
名前のとおり、3月末から4月上旬の桜の時期には、素晴らしい桜が咲き、府中市民のお花見のスポットしても非常に 有名な通りでもあります。
その地に、1989年開店しました。その当時は、私は、千葉県佐倉市に住んでおり、 片道2時間半かけて通っていたのもいまとなってはいい思い出です。
店名の由来
「南方郵便機」は、「星の王子様」の著者アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリのデビュー作です。
「南方郵便機」のストーリーは、砂漠(南方)に郵便物を届けるというものですが、 当店は、南方からの贈り物(コーヒー豆)をお客様に届けたいという願いを込めて、「南方郵便機」と名づけました。
フレンチコーヒーに思いを寄せ始めた理由
私が開業した当時、商品としておだししていましたので焙煎に自信がありましたが、正直、今ほど、 焙煎に熟練した技術は持ちあわせていませんでした。 「あーでもない、こーでもない」とさらにおいしいコーヒーを焙煎しようと日夜格闘していました。
八イロースト(浅煎り)やシティロースト(中煎り)は、 焼きあげのタイミングが比較的わかりやすいので、おいしいコーヒーができていました。
一方、深煎りコーヒー(フレンチローストコーヒー)は、比較的、焼き上げのタイミング難しく、 なかなか本当においしいと思えるコーヒーにならなかったのです。
そんな苦労しているときに、できたフレンチローストコーヒーを飲んだのです。
「おいしい!」
自画自賛の出来栄えでした。
今まで飲んだきたフレンチコーヒーの中でこれほどおいしいフレンチコーヒーはなかったのです。
「これが、コーヒーのもつ本来のうまさなんだ」と実感したときでした。
それ以降、私は、「本物のフレンチコーヒーのおいしさをあなたに知ってもらいたい」と フレンチコーヒーに力を入れていったのです。
当店のコーヒーの一番のおすすめは、フレンチコーヒーです。
浅煎り(ハイロースト)や中煎り(シティーロースト)に比べ、深煎り(フレンチ)は、コーヒーが好きな人でさえも、 嫌う傾向があります。
それは「深煎り=苦い」というイメージがあるからです。
しかし、本来は、深煎りコーヒーは、コーヒー豆がもつ、コクそして、甘みが3つの煎りの中で 一番でており、一番おいしいコーヒーなのです。
そんなおいしい「本物」の深煎りコーヒーをあなたにもぜひ飲んでいただきたいと思います。

自家焙煎珈琲工房・南方郵便機の店内

map
場所京王線府中駅より徒歩10分
営業時間午前10:00~午後7:00

トップに戻る